Copyright 2006-2014 stationery All Rights Reserved.

7.TCHAIKOVSKY PIANO CONCERTO No.12008/07/06

今年はカラヤン生誕100周年で、ドイチェ・グラモフォンからリリースされている多くのものがフェア価格で販売されています。これは先日のSONYのDVD版とは、また違うのでしょうか 聞いてみるとやはり違います。SONY版は1988年の録音、今回は1989年の録音。あまににもレベルが高すぎて、どちらがいいなどというような不謹慎な事、言えません。でも、キーシン好きだなあ。

6.TCHAIKOVSKY VIOLIN CONCERTO2008/05/31

あまりにも有名で定番ですが、久々に聞いてみるといいですね。

5.ヘッドフォン Part12008/05/25

スピーカ部分がフラットに回転するので持ち運び時の収納性がいいですね。音質は定価で10,000円程度ですからほぼ満足できるレベルです。それにしても最近のミュージックプレイヤーは恐ろしく音質がいいですね。我々はDOLBY A,B,C等でのテープのヒスノイズ低減にわくわくしていた世代ですが。過去からやはり業務用の記録媒体はテープが主流で、現行のデジタル媒体もこれらのマスターテープからリメイクされたものが多いのでしょうね。

4.ベスト・オブ・カラヤンの遺産2008/05/24

Rev.01 2008.5.26
キーシンが好きなので、有名なチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を何度か観ていて感じたのですが、オーケストラとプレーヤーの方々の鬼気迫る映像が凄いですね。これ程の映像は見たことが無いです。どう言えばいいのでしょうか?映像が濃いのです。さらに指揮者カラヤンの存在がもう神々しいとでもいうのでしょうか。やはりプロは凄いと感動しました。DVDで映像と共に音楽を楽しむのもありですね。後は数と価格の問題ですね。

Rev.00 2008.5.24
もう何も言う事無いですね。ピアニストのキーシン好きですね。
Copyright 2006-2014 stationery All Rights Reserved.