Copyright 2006-2014 stationery All Rights Reserved.

★★★★Links★★★★2008/10/30

どのような考え・思惑からか良く分からないのですが、何故かアサブロにはリンクメニューが無く苦慮致しておりました。指を咥えていつまでも待つ訳にもいかず、リンクを張っていただいている素晴らしきblogオーナーの方々(内容的に、メセナ的なビジョンを感じています)には遅ればせながら常時トップ記事として記載させて頂く事に致しました。 適宜、画像を変更しますので、過去分はコメントも含めて新設カテゴリー「Links Archive」に大切に保存しておきます。さて、ワインを色々味わい、秋に飲むデイリーワインもほぼ決めましたので、万年筆記事のペースを上げます。また、一度はこのような本の表紙に相応しいような万年筆の写真を撮ってみたいと思います。 話は変わって、個々のblogオーナーが居なくなれば情報は後世に継承されるか?100年アーカイブ問題と今後のトレンドを含めて考えると気になる項目です。特に資料は見直さないと陳腐化します。資料本は文言を取捨選択・追加・修正して再レビューするようなブラシュアップが必要かと思いますし、不要なものはアーカーブ化する方向とします。今回気分転換にデザイン変更。また直ぐ変更します。都心は既にX'Masのイルミネーションが始まっていますね。時期はずれですが、癒されるので試験的に壁紙を変更します。

万年筆好きの方にお越しいただきたいStationery Barへようこそ。

□万年筆評価の部屋
http://pelikan.livedoor.biz/

□文房具ラバー 万年筆好きのブログ
http://stationaly.blog48.fc2.com/

□ペン先に写る毎日 ~ステーショナリー生活~
http://open-way.cocolog-nifty.com/fountainpen/

掲載写真の出典元 「Fountain Pens Collector's Guide Jonathan Steinberg」

★★LINKS★★ Hautes Cotes DE NUIT 20052008/08/14

どのような考え・思惑からか良く分からないのですが、何故かアサブロにはリンクメニューが無く苦慮致しておりました。指を咥えていつまでも待つ訳にもいかず、リンクを張っていただいているblogオーナーの方々には遅ればせながら、常時トップ記事として記載させて頂く事に致しました。 適宜、画像を変更しますので、過去分はコメントも含め、新設カテゴリー「Links Archive」に大切に保存しておきますね。

Rev.01 2008.8.27 Rev.02 8.28 Rev.03 8.29 Rev.04 8.30
万年筆好きの方にお越しいただきたいStationery Barへようこそ。これは以前からお勧めしているオート・コート・ド・ニュイ 2005 生産者はヴォーヌ・ロマネ、ニュイ・サン・ジョルジュを中心とした名門ドメーヌであるミシェル・グロ。美しい作りで、テロワールも感じる秀逸ワインですのでこれから秋にかけても楽しめますよ。ただ、このワインの注意点としては、ポテンシャルが村名クラスなみに高いので、今飲むには本当は少し早いと思うのです。暫くゆっくりと空気を触れさせて、開花・安定させるのも良いと思います。いきなり開けて飲むとバランスがいまいちと感じられる方も居られるでしょうが、果実味(甘み)・酸味・タンニン(渋み)からなる三位一体がばっちりきまるとヴォーヌ・ロマネの満足感が味わえます。安全パイでは2010年以降が素晴らしい飲み頃となるのでしょうが、その時点で現状の2千円代で供給されるとはとても思えないのです。
□万年筆評価の部屋
http://pelikan.livedoor.biz/

□文房具ラバー 万年筆好きのブログ
http://stationaly.blog48.fc2.com/

□ペン先に写る毎日 ~ステーショナリー生活~
http://open-way.cocolog-nifty.com/fountainpen/

★★LINKS★★MUSCADET SEVRE ET MAINE SUR LIE 20052008/07/30

どのような考え・思惑からか良く分からないのですが、何故かアサブロにはリンクメニューが無く苦慮致しておりました。指を咥えていつまでも待つ訳にもいかず、リンクを張っていただいているblogオーナーの方々には遅ればせながら、常時トップ記事として記載させて頂く事に致しました。 適宜、画像を変更しますので、過去分はコメントも含め、新設カテゴリー「Links Archive」に大切に保存しておきますね。

万年筆好きの方にお越しいただきたいStationery Barへようこそ。これは以前紹介した、ロワール地方のミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュル・リー(2005年) 。涼しい気候から酸味も申し分なく、石灰土壌からくる火打石の匂いも充分在りシャブリより美味しく感じたワインで、コストパフォーマンスが恐ろしく高いワインだと思っています。まあ、厳密に言うと、もともと酸味の強いミュスカデとシャルドネとを同じ土俵で単純に比較する事自体少し不公平な気もしますが、まあまあ。最近、まともなシャブリは飲んでいませんが、シャンパン類と同じくあまりにも有名な銘柄につき、市場の引き合いと生産者が多い事もあって玉石混交状態。また、数ある優れた白ワインの中でも、やや高めであるような気がしてなりません。プルミエ・クリュ・クラスでもそこそこの満足感しか味わえないものも多いような事も。そのような中にあって、このワインは定価1,523円とお手頃価格です。残りをヴァキュバンで空気を抜く(本来不必要かと)と泡が・・・。そうです、ごく微量ですが炭酸が残っており発泡性があるようです。ロワール地方には比較的軽めで飲みやすく、素晴らしいワインが数多く存在していますよ。

□万年筆評価の部屋
http://pelikan.livedoor.biz/

□文房具ラバー 万年筆好きのブログ
http://stationaly.blog48.fc2.com/

□ペン先に写る毎日 ~ステーショナリー生活~
http://open-way.cocolog-nifty.com/fountainpen/

★★Links★★Hautes Cotes DE NUIT 20052008/07/20

どのような考え・思惑からか良く分からないのですが、何故かアサブロにはリンクメニューが無く苦慮致しておりました。指を咥えていつまでも待つ訳にもいかず、リンクを張っていただいているblogオーナーの方々には遅ればせながら、常時トップ記事として記載させて頂く事に致しました。 適宜、画像を変更しますので、過去分はコメントも含め、新設カテゴリー「Links Archive」に大切に保存しておきますね。

Rev.02 2008.7.31
何故ゆえ、全般的に市場の動きが緩やかなのか少し分かってきたような気がします。要はブルのAOCクラスも含めて、市場価格がここ5年で平均約1.5倍になっており、最近の市況からも全体のパイが縮小している事。さらにこのワインは現時点まだ若く、環境によるバランスの振れ幅が大きくて飲んだ時点でさほど美味しく感じられずリピート比率が下がっていると予想される(お店はむしろ2005年より2004年を薦める事が多い、大地の香りが出てくるのが開けた翌日以降に思えて仕方が無い)事等などによるのかもしれません。概ね2010年以降に安定するのでしょうか。後、色々調べるに、やはりこのワインはオー・コート・ドニュイ地区の畑で作られていそうな事(細かいセパージュまでは企業秘密で決して明かされません)、後、名門ルロワ社など大手デパートが原則的に独占販売権を持ち流通チャネルが限られているのに対し、このワインは10近くのインポータが販売している事、後ヴィンテージと同様にメディアの評価が画一でなく分かれている事。他にも色々ありますがまずはこれまで。リピートの妥当性は、最終的に飲んだ自分の舌を元に決めればいいと思います。

最近のブルゴーニュの高騰ぶりには言葉が出ません。このような状態が続くと、この市場は国内では何れ萎むでしょう。現に売れ残りが目立ちますし、目に見えないものを含めた流通在庫が相当だぶついているのではと想像します。その中にあって比較的良心価格で生産している方々も多く居られます。まずは、ミシェル・グロです。正確には去年でしょうが、ここ1~2ケ月、大々的にリリースが行われている超お勧めワインです。アペラシオン AOC ブルゴーニュ・オー・コート・ド・ニュイ(2005年)  この生産者はヴォーヌ・ロマネ、ニュイ・サン・ジョルジュを拠点とした超優良生産者。著名デパートでの購入で、超優良インポータ経由でのリーファー(定温コンテナ)輸送なので凄く状態が良いです。これは、このご時勢2千円台では有り得ないコストパフォーマンス5つ星★★★★★のワインかと。まずは開かせて香りを楽しみましょう。これは、相当ヴォーヌ・ロマネに近いものを感じます。力があり過ぎてまだ若いのでしょうか、時間経過によりバランスが微妙に変わるようにも思えます。温湿度により酸味がやや強く感じたり、完全にスイートスポットに嵌るとヴォーヌ・ロマネの大地の清涼感が出てきます。現時点は早飲みになるのですが、2005年モノのワインにつきこの先ますます熟成して良くなる為、一旦眠りに入ると飲む時期が物凄く難しいかもしれません。因みにオー・コート・ド・ニュイ地区は地形的には、ジュヴレ・シャンベルタン村、ヴォーヌ・ロマネ村、ニュイ・サンジョルジュ村、ラドワ・セリニ村と接しています。次は地質学的な繋がりに興味がありますね。地質的に異なると、ヴォーヌ・ロマネのような土地の香りは無理だと思うのですが、よく分かりません。オー・コート・ド・ニュイ地区に興味が湧いてきました。

□万年筆評価の部屋
http://pelikan.livedoor.biz/

□文房具ラバー 万年筆好きのブログ
http://stationaly.blog48.fc2.com/

□ペン先に写る毎日 ~ステーショナリー生活~
http://open-way.cocolog-nifty.com/fountainpen/

★★Links★★ Vosne-Romanee2008/07/10

どのような考え・思惑からか良く分からないのですが、何故かアサブロにはリンクメニューが無く苦慮致しておりました。指を咥えていつまでも待つ訳にもいかず、リンクを張っていただいているblogオーナーの方々には遅ればせながら、常時トップ記事として記載させて頂く事に致しました。 適宜、画像を変更しますので、過去分はコメントも含め、新設カテゴリー「Links Archive」に大切に保存しておきますね。

アペラシオン ヴォーヌ・ロマネ村(2005年)
生産者 ブリューノ・デゾネイ・ビセイ
ソムリエの方に、グレート・ヴィンテージ2005年ものの中でクラシカルな作りで早飲みも可能な一押しを選んで頂いたものです。生産者はエシェゾーにも造詣の深い方で素晴らしいV.V.(古樹)ヴォーヌ・ロマネでした。古樹には独特のミネラル感・土地からのメッセージ・深遠なるものを感じてしまいますね。このワインは追加購入済みです。

□万年筆評価の部屋
http://pelikan.livedoor.biz/

□文房具ラバー 万年筆好きのブログ
http://stationaly.blog48.fc2.com/

□ペン先に写る毎日 ~ステーショナリー生活~
http://open-way.cocolog-nifty.com/fountainpen/

★★★★Links★★★★ Bourgogne 19992008/06/10

どのような考え・思惑からか良く分からないのですが、何故かアサブロにはリンクメニューが無く苦慮致しておりました。指を咥えていつまでも待つ訳にもいかず、リンクを張っていただいているblogオーナーの方々には遅ればせながら、常時トップ記事として記載させて頂く事に致しました。 適宜、画像を変更しますので、過去分はコメントも含め、新設カテゴリー「Links Archive」に大切に保存しておきますね。

Rev.03 2008.6.10
単なるAOCブルゴーニュではあるものの、枯れかかった趣も味わえるように美しく熟成しており、フルーティーで最高に美味しい。空気を抜いて冷蔵庫に保管すれば、5日程度も楽しめた。また、リーファー(定温輸送)による蔵出しで状態が凄く良いと感じた。これは先日開けた村名ワイン、ヴォーヌ・ロマネより美味しいと感じた。ヴォーヌ・ロマネはロマネ・コンティー(DRC)があるコート・ド・ニュイ地区の中の超有名な村ではあるが、生産者・ネゴシアンが多くて私などどれを選んでいいのか分からない。ブルゴーニュは、このように下位(AOC地方名)と上位(AOC村名)が逆転する事もしばしばあるようにも聞く。一般的にはAOCブルゴーニュはコート・ド・ニュイの南のコート・ド・ボーヌ地区のものの比率が多いと聞いているので、今回はたまたま1999年の飲み頃という事情もあって素晴らしく美味しく感じたのであろう。それはさておきこれから徐々に暑くなってくると、赤ではピノ・ノアールなど果実味に優れたものは最高である。ブルゴーニュは多品種少量生産で、ずばり作り手次第の部分がある。グレート・ヴィンテージ1999年のクルティエ・セレクションで既に6本開けており、先日4本追加購入したが、ブルゴーニュのバック・ビンテージは少ない事からさらに最終購入した。ブルゴーニュでは1990年と1999年がビック・ヴィンテージと評価されており、普通のお店で見る事はまずない。今回は最高にコストパフォーマンスの高いワインと感じたし、これからもまだまだ熟成して良くなるような気がする。ベールに包まれたワインでもあり、 次はニュイ・サン・ジョルジュのプリミエ・クリュの古酒を味わいたいと思っている。

□万年筆評価の部屋
http://pelikan.livedoor.biz/

□文房具ラバー 万年筆好きのブログ
http://stationaly.blog48.fc2.com/

□ペン先に写る毎日 ~ステーショナリー生活~
http://open-way.cocolog-nifty.com/fountainpen/

★★★★Links★★★★ Pauillac Mise de La Baronnie2008/05/20

どのような考え・思惑からか良く分からないのですが、何故かアサブロにはリンクメニューが無く苦慮致しておりました。指を咥えていつまでも待つ訳にもいかず、リンクを張っていただいているblogオーナーの方々には遅ればせながら、常時トップ記事として記載させて頂く事に致しました。 適宜、画像を変更しますので、過去分はコメントも含め、新設カテゴリー「Links Archive」に大切に保存しておきますね。

ラベルデザインを見てピンと来た。Pauillac格付け第一級のムートン・ロートシルト系のワインである。Baron Philippe de Rothschild。抜栓して飲むと、完全なPauillacスタイルである。やや強めの樽の心地良い香り、カカオ・クリーミーな香りなどなど、Pauillacのグランヴァンの重厚な風格が漂っている。価格は2,625円ではあるが、少し誇張するとムートンを飲んでいるような気分にもさせてくれるようでもある。これは大当たりで勝手にムートンの3rd相当のワインと位置づける事としたい。ムートンはプロモーションも巧みで、海外を含めてオーパスワンなど手広く銘柄を出している。このワインは万年筆に例えるとMontblanc 344でしょうか。

□万年筆評価の部屋
http://pelikan.livedoor.biz/

□文房具ラバー 万年筆好きのブログ
http://stationaly.blog48.fc2.com/

□ペン先に写る毎日 ~ステーショナリー生活~
http://open-way.cocolog-nifty.com/fountainpen/
Copyright 2006-2014 stationery All Rights Reserved.