Copyright 2006-2014 stationery All Rights Reserved.

1.丸善140周年記念 アテナインキ2009/12/24

Rev 01 2009.12.15
写真を撮り直しました。

Rev 00 2009.12.24
写真は敬愛すべき丸善さんの史的資産という観点からも別途時間を掛けて撮り直しますが、まずはご覧下さい。このインキボトル、秀逸なるデザイン・いい趣きではありませんか。発売後暫くして丸善さんに足を運びましたが、買い占めた御仁が居られて在庫ゼロとの事でしたが後日入手しました。老舗の伊東屋さんがRomeo No.3を定番品にしたのは大正解です。誰もが公平に購入する機会が得られます。このご時勢、レア・プレミアなる概念・モノは虚像で実質的には皆無です。

このアテナインキ、栓は当初コルクとの事です。また、形状・大きさを含めて過去色々なモデルが商品化されたようです。今回の復刻版のデザインが秀逸なので需要が多ければ定番化の可能性も否めませんよね。是非定番品も考慮して戴ければ幸いです。

超名門であり老舗の丸善・伊東屋さんの商品には目が離せませんね。

コメント

_ 林 純一郎 ― 2010/03/22 04時42分54秒

丸善アテナインキのパッケージのデザインは私の祖父の林 嶺華が手懸けたものです。嶺華は明治4年麹町区富士見町生れ
横浜で輸出物のラベルなどの図案を描いていましたがのちに
京橋区木挽町に転出、界隈の印刷会社の需要に応じていました
大正6年深川の吉田印刷所の榎並卯三男氏の依頼で丸善アテナインキの包装図案を引き受けました。このデザインが好評でインキ
の売り上げ伸びたそうです、篠崎インキが追従しライトインキの包装
も嶺華が手懸けました、ベージュと茶を基調にして地球の図をあしらったものです、その他鳥瞰図も描きました鉄道交通社印行とあるものは嶺華の仕事です。私は7歳のころから祖父の薫陶を受けました
嶺華は昭和33年86歳で千葉市で亡くなりました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

Copyright 2006-2014 stationery All Rights Reserved.