Copyright 2006-2014 stationery All Rights Reserved.

1.Wine and Fountain Pen Part692010/05/07

アペラシオン 南アフリカ 白葡萄 シュナン・ブラン 2008年 945円
南アフリカのシャルドネ、シュナン・ブランは特にお勧め。デパートでも1000円程度で販売されていますよ。

1.Wine and Fountain Pen Part702010/05/17

アペラシオン AOC オート・コート・ド・ボーヌ(2008年) 2,940円
生産者はジュヴレの名門であるジャン・ルイ・トラペがお勧めするアンリ・デュラグランジュ。開けてみたが素晴らしいワインである。

2008年ヴィンテージは初めてであるが、果実味がある。要は2007年よりも太いのである。ミネラル感、酸、果実味が綺麗にまとまっており、まさにボーヌのワインを彷彿とさせる。AOCオート・コート・ド・ボーヌはコート・ド・ボーヌ地区の外で西側に位置しており、コスパに優れるものが多い。覚えておいて損は無いAOCである。勿論、インポータ、販売店が一流であるという前提が付くものの。

1.Wine and Fountain Pen Part712010/05/18

アペラシオン AOC ブルゴーニュ(2007年) 3,150円
生産者は、著名なるブシャール・ペール・エ・フィス。近年、設備投資を惜しまず、昇り龍のドメーヌ&ネゴシアンである。このワインを開けてみたが素晴らしい。2007年ヴィンテージは未成熟で軽い特徴を有するが、このワインは該当しない。要はワインは生産者に依るのである。ボーヌの村名ワインの芳しさを供えており満足感は極めて高い。複雑ではあるが、AOCブルゴーニュには格(クラス)が存在する。このワインはコト・デ・モワンヌの名が示すとおり、一定区画の畑からなる。具体的には、ボーヌ村の区画である。このワインは毎年リリースされるわけではなく出来の良い時のみ限定リリースされ、プリミエ・クリュ・クラスを彷彿とさせるリピート必須の素晴らしいワインである。

1.Montblanc 256 Part22010/05/23

Montblanc 25*シリーズのウィングニブのコンセプトは現行製品に繋がるが、残念ながら最大ニブの256は失せてしまった。それゆえ256の存在価値は今でも燦然と輝き続けている。大振りのウィングニブである256の魅力は一言では語りつくせない。機会があれば、この256ウィングニブの味わいも是非知っていただきたい。

1.Wine and Fountain Pen Part722010/05/27

アペラシオン AOC ブルゴーニュ(2006年) 1,785円
ついに、千円台で激旨のワインが出てきたか、という感想。1995年頃は、まだ千円台でAOCブルゴーニュを楽しめた。このワインは企業努力を惜しまない、「いろはわいん」さんのお宝ワインであろう。生産者は地元の協同組合。農林漁業に携わっておられる方であればご存知かと思うが、要は美味しくて安いものは内地で消費される。このワインはコート・ド・ニュイ・ヴィラージュに似た焦がしたような芳しさが素晴らしく、色合いから熟成がピークを迎えたものと判断した。このような飲み頃を迎えたモノにアンテナを張り、インポートされる「いろはわいん」さんにはエールを送りたい。インポーターが一流でなおかつ販売店が一流のデパートであれば、素晴らしいものを顧客に提供できよう。このように元々プロモーションする必要がない商品は魅力極まりないが、メディアで派手にプロモーションされる商品には全く興味が湧かない。
Copyright 2006-2014 stationery All Rights Reserved.