Copyright 2006-2014 stationery All Rights Reserved.

29-2 こしあぶら2009/05/06

天ぷらにすると、このような感じです。素材の味・香りを最大限に引き出すには、やはり塩が宜しいかと思います。蕾・葉の独特の香りが心地良いですね。都内のデパートでは、山形産の小パックが800円程度で結構高いですが、普通に買えば、天ぷらにして大皿一杯で約300円程度で楽しめます。また、東北、中部、近畿と群生しているので、日本全国採れるのではないでしょうか。また、海の旬と言えば、今、蛍イカでしょう。ボイルして、辛子酢みそベースで食べると美味しいですし、白ワインに合います。ワインはフランス料理のみならず、素晴らしい日本食にも合わせやすいと思っています。

29-1.こしあぶら2009/05/05

この時期の山菜と言えば、こしあぶら。これを食べないことには時が進まないようです。天ぷらにして、塩で召し上がるのが宜しいかと思います。胡椒などのスパイス系には赤、ハーブなどの香草系には白。白ワインが良く合いますし、軽めのシャルドネで充分でしょう。こしあぶらは葉が開いたものよりも、開きはじめのものが、より美味しいですよ。

28.お節2009/01/01

我が家では数年前からお節料理を作るのを止めた。購入するのは保存料を一切使用していない梅コースのこのお節と、出来合いのもの数点と、白味噌とお餅程度である。ご笑覧下さい。メニューは去年と殆ど同じで和洋折衷である。不思議と、醤油系統とワインも結構合う事が多い。
Copyright 2006-2014 stationery All Rights Reserved.