Copyright 2006-2014 stationery All Rights Reserved.

1.Wine Part802013/06/12

アペラシオン AOC オート・コート・ド・ニュイ(2008年) 2,362円

生産者はヴォーヌ・ロマネ拠点の超名門ジャン・グロ家の三人、次男のグロ・フリーレ・エフィス。今回初めてで、もっと果実味が濃いと聞いていたものの創りはエレガントである。樽の香りはやや強い。これはラベル不良で購入した価格で、通常は3千円程度する。この価格だとリピート必須の素晴らしいワインである。

□万年筆評価の部屋
http://pelikan.livedoor.biz/

□文房具ラバー 万年筆好きのブログ
http://stationaly.blog48.fc2.com/

□ペン先に写る毎日 ~ステーショナリー生活~
http://open-way.cocolog-nifty.com/fountainpen/

1.Wine Part792010/09/26

アペラシオン AOCブルゴーニュ(1999年) 2,180円

このワインはクルティエ・セレクション。要は目利きが選んだ逸品。過去飲んでいるが、素晴らしい香ばしさがそそる。1999年は別格の偉大なるヴィンテージで、村名クラスに匹敵する激旨ワインである。なお、去年は2,500円だったが今回は価格も下がっており、デイリーワインとしてはレベルが高すぎるAOCブルである。

1.Wine and Fountain Pen Part782010/09/19

アペラシオン AOCブルゴーニュ(2008年) 3,150円

このワインの作り手はボーヌ村拠点の名門ジョゼフ・ドルーアン。130周年記念の特別キュヴェで、ボーヌの1er、マルサネ、モレ・サン・ドニ、ブルゴーニュがブレンドされている豪華なワインである。開けてみたが素晴らしく、品格が感じられるワインである。

1.Wine and Fountain Pen Part772010/09/05

アペラシオン AOCブルゴーニュ(2007年) 2,835円

このワインの生産者はマルサネ村拠点のJean Fournier。村名マルサネの格下げだけありレベルが高い。V.V.の深みと香ばしさが素晴らしく、リピート必須のワインである。

1.Wine and Fountain Pen Part762010/09/04

Rev 01 2010.09.19
開けてみたが、素晴らしいワインでリピート済みです。

Rev 00 2010.09.04
アペラシオン AOCブルゴーニュ(1988年) 2,835円

このワインは、素晴らしき選び手であるルー・デュモンのセレクションであり、値付けも極めて良心的。1988年ヴィンテージチャートは5段階で4のとても良い年。この古酒が2千円台で飲めるのは幸せ。感想は別途。

1.Wine and Fountain Pen Part752010/08/29

アペラシオン AOCブルゴーニュ(2005年) 2,835円

生産者はヴォーヌ・ロマネ拠点の超名門ジャン・グロ家の三人、長女のアンヌ・フランソワーズ・グロ。彼女はコート・ド・ボーヌのポマール村のパラン家に嫁ぎ、グラン・クリュではリシュブールを手がける。このAOCブルゴーニュでもラベルデザインはリシュブールと同じである。開けてみたが素晴らしい。2005年のグレート・ヴィンテージで奥行きがある。果実味は長男のミシェルと次男の中間と言ったところ。適度な果実味が好きな方にとっては至上のワインとなろう。2005年で超名門家が創る本ワイン、この価格からもリピート必須のワインである。

1.Wine and Fountain Pen Part742010/07/19

アペラシオン AOC ブルゴーニュ(2008年) 2,730円
生産者は、著名なるロベール・アルヌー。葡萄品種はピノ・ファンでピノ・ノワールより遥かに手間隙がかかり、原種に近い。野生味が感じられ素晴らしいワインである。

1.Wine and Fountain Pen Part732010/06/06

Rev01
0629に空けました。さすがに少し劣化感がでているものの飲めますね。

Rev00
アペラシオン ボルドー地方 オー・メドック地区 ポイヤック村 格付け第1級 シャトーLatour 2nd(2002年)

この2002年ものは、2004年ものよりも熟成感が出ていて遥かに美味しいですね。後10年以上もつでしょう。素晴らしいワインです。

1.Wine and Fountain Pen Part722010/05/27

アペラシオン AOC ブルゴーニュ(2006年) 1,785円
ついに、千円台で激旨のワインが出てきたか、という感想。1995年頃は、まだ千円台でAOCブルゴーニュを楽しめた。このワインは企業努力を惜しまない、「いろはわいん」さんのお宝ワインであろう。生産者は地元の協同組合。農林漁業に携わっておられる方であればご存知かと思うが、要は美味しくて安いものは内地で消費される。このワインはコート・ド・ニュイ・ヴィラージュに似た焦がしたような芳しさが素晴らしく、色合いから熟成がピークを迎えたものと判断した。このような飲み頃を迎えたモノにアンテナを張り、インポートされる「いろはわいん」さんにはエールを送りたい。インポーターが一流でなおかつ販売店が一流のデパートであれば、素晴らしいものを顧客に提供できよう。このように元々プロモーションする必要がない商品は魅力極まりないが、メディアで派手にプロモーションされる商品には全く興味が湧かない。

1.Wine and Fountain Pen Part712010/05/18

アペラシオン AOC ブルゴーニュ(2007年) 3,150円
生産者は、著名なるブシャール・ペール・エ・フィス。近年、設備投資を惜しまず、昇り龍のドメーヌ&ネゴシアンである。このワインを開けてみたが素晴らしい。2007年ヴィンテージは未成熟で軽い特徴を有するが、このワインは該当しない。要はワインは生産者に依るのである。ボーヌの村名ワインの芳しさを供えており満足感は極めて高い。複雑ではあるが、AOCブルゴーニュには格(クラス)が存在する。このワインはコト・デ・モワンヌの名が示すとおり、一定区画の畑からなる。具体的には、ボーヌ村の区画である。このワインは毎年リリースされるわけではなく出来の良い時のみ限定リリースされ、プリミエ・クリュ・クラスを彷彿とさせるリピート必須の素晴らしいワインである。
Copyright 2006-2014 stationery All Rights Reserved.